チラシの裏

中小企業診断士受験生の備忘録 改め 中小企業診断士の自分用メモ

そして次のステージへ

遅れましたが、あけましておめでとうございます。 今日は診断士試験の最終合格発表日。緊張しまくった口述試験でしたが、無事合格していました。 これで「診断士(見習い)」くらいのステージには到達した感じでしょうか。 あとは「(見習い)」が外れるよう…

戦いすんで・・・

昨日の二次口述試験をもって今年の診断士受験生としての戦いがすべて終わった。 あとは、年明けの最終発表を待つのみだが、欠席せず・突飛な言動をせず・とりあえず質問に対する回答を言葉として発することができたので、(決して立派な診断・助言ができたと…

二次筆記試験発表の日

今日は二次筆記試験発表の日。 画面をスクロールしながら自分の番号を探していくと 一つ前の番号が目に留まり一瞬嫌な感じがしたが その隣に自分の番号も見つかった。 最後までチラ裏流(ってどんなだ?)で全力を尽くしたい。

【発表直前】変な夢を見た

二次記述試験合格発表まで24時間を切り、落ち着かなくなってきた。 今週は(一昨日だったか?)合格発表を見に行く夢まで見てしまった(実際には、昨年同様、会社の自席でリロードしまくる予定)。 その合格発表会場というのが妙に立派で、一大セレモニーと…

チラ裏的中情報~試験委員~

何度か取り上げた事例2の出題委員についてだが、さすがに昨年と今年の問題を見た後では「以前とは変わった」と思った人が多かっただろう。 事例2の出題者 - チラシの裏 事例2の出題者 - チラシの裏 で、(たぶん)新しい出題者の鶴見裕之氏は「計量的なアプ…

チラ裏的中情報~CRSV~

合格発表も近づき「今さら的中とかどうでもいい」今日この頃だが、 このシリーズで一つ書き忘れていたので・・・ 「CRSV(=Creating and Realizing Shared Value)」事例2で思いっきり出題されました。事例読んでて「あ、白書にあった奴だ!」って心の中で…

TACの模範解答冊子

昨日、TACの模範解答冊子が届いていた。 二次筆記合格発表前(不合格者が来年の講座を申し込み始める前)に間に合わせてくるあたり、しっかりしていらっしゃる(笑) 解答プロセス等も詳細に記載されており、事例を深く読み込むのには重宝するので、もし受か…

大原の模範解答

二次筆記試験の結果発表まで一週間あまりとなった。 模範解答と再現答案を比較して一喜一憂する時期はとうに過ぎ、 もしかして受かってた時あわてないように、 口述試験準備を「一応」始めている人が多いと思う。 不思議なもので、しばらく試験のことを忘れ…

チラ裏的中情報~サービス・マーケティング~

今日の出題予想記事振り返りはサービス・マーケティングについて。 一次試験から勝手に二次試験出題予想~サービス・マーケティング~(事例2) - チラシの裏 一次試験から勝手に二次試験出題予想~サービス・マーケティング~(事例2) - チラシの裏 事例2…

チラ裏的中情報~海外取引の出題~

勝手に出題予想記事の当たり外れを振り返るシリーズ。 今日は「海外取引」がテーマだ。 一次試験から勝手に二次試験出題予想~海外進出~(事例3&4) - チラシの裏 一次試験から勝手に二次試験出題予想~海外進出~(事例3&4) - チラシの裏 これは結果的に…

チラ裏的中情報~MBIは出題された?~

試験前の勝手に出題予想記事の結果を検証するシリーズ。 今日は、第三者承継、とくにMBIが出題されたか?について。 一次試験から勝手に二次試験出題予想~MBI~(事例1&4) - チラシの裏 一次試験から勝手に二次試験出題予想~MBI~(事例1&4) - チラシの…

LECの再現答案フィードバック

多くの受験生が知っていると思うが、LECが再現答案にABCD評価と簡単なコメントを無料でつけてくれるサービスを行っている(事例別の評価のみで総合評価はなし)。 2014年ABCD講評フィードバック|中小企業診断士試験 受験生応援サイト|中小企業診断士|LEC…

毒舌だけど面白い

大阪のKECという受験校の提供している二次試験関連動画が面白い。 |KEC|診断士|動画チャンネル| |KEC|診断士|動画チャンネル| 名前こそ伏せているが、各受験校の模範解答を比較して思いっきりダメ出しをする箇所もあるという恐ろしい動画。 ただし、…

チラ裏的中情報(ハズレ編)~アカウンティング色薄まる~

ここ2年ほど続いていた予想財務諸表作成の流れは今年いったん途絶えた。 診断士の主要な役割が将来に向けた「助言」である以上、過去の財務諸表の分析にとどまらず予想財務諸表の作成能力は重要だと思うので、出題傾向として継続するのでは?と思っていたが…

チラ裏的中情報~小規模事業者は出題されたか?~

これまでブログの中で何回か「勝手に出題予想」的な記事を書いたことがある。 本気でヤマを当てに行った(=そのことで高得点を狙った)わけではなく、楽しく勉強を進めるための工夫として取り入れたものだが、意外と当たっていたようで?驚いた。もっとも、…

題意に忠実に?(事例4第1問)

あまり話題にならないが、事例4第1問は伝統的な?出題形式に戻ったようでいて、少し気になる点があった。 と言うのは、解答要求が「そこ(財務指標)から読み取れるD社の財政状態および経営成績」だったことである。 事例4の経営分析問題では、与件文をうま…

LECだけは・・・(事例4)

先日来しつこく話題にしている事例4第3問の件だが、 受験校の中でLECだけは「設問3でもZは作らない」という解答を載せていた。 (注)LECの模範解答はユーザー登録をしないと閲覧できない仕組み。 これで主な受験校については模範解答が出そろったことになる…

同志見つかる(事例4)

以前、事例4第3問設問2および設問3は 「 設問2も設問3もZを作らないことが(出題者の予定したという意味で)正解」 ではないかという記事を書いた。 <a href="http://chira-ura.hatenablog.com/entry/2014/10/29/062258" data-mce-href="http://c…

TBC講評動画

11月2日より、TBCの解答速報に基づく講評動画が公開されています。 2次試験対策 | TBC受験研究会 中小企業診断士 2次試験対策 | TBC受験研究会 中小企業診断士 現時点では動画をアップしている受験校は唯一と思われます。 ※もう少しするとTAC等もアップす…

もしかしてワザとやってる?(事例4)

土曜日にMMCの模範解答説明会に行ってきた(なお、MMCは確かWeb公表はしないはず)。 多くの受験生が希望を持てるように・・・という配慮もあるのだろう、 別解を提示してある設問が多かった。 少し驚いたのが、事例4第2問について、 考え方によってH27投資…

PPM

事例2の第1問でPPMが出たのには驚いたが、今にして思えば、 あれにはちゃんとした意図があったのだと思う。 既存事業は結局負け犬に転落し、新社長はかなり大胆に経営資源を入れ替えて 今までとはまったく違った市場で勝負しようとしている。 最初は離反し…

模範解答比較(事例2)

事例2についても、事例1同様に大原、TAC、マンパワーの3校で比較した。 第1問:さすがに差がつかず。マンパワーのは反則技? まさか二次でPPMが出るとは・・・覚えててよかったけど、結果が明確に分かれるので、失点すると痛い。字数がやや余るけど、マンパ…

模範解答比較(事例1)

現時点で、大原、TAC、マンパワー(模範解答ではなく構造化シート)の3校が模範解答を公開している。 事例1に関する私の所感は以下の通り。 第1問:さすがマンパワー! 模範解答ではなく構造化シートという形を取っているためでもあるが、ここはやはり「機会…

歴史は過去の強み?

今年のB社前社長の歴史知識は、典型的な「わざわざ表現」で、受験テクニック的には「絶対使うはず」と考えがちだ。 ところが、今のところ発表されている受験校模範解答では歴史ネタは完全に無視されている。 今回、前社長の歴史知識について、わざとらしいま…

セールスミックス

事例4第3問の設問2と3ですが、汎用性のあるエレガントな解法に整理できなかったので、「この問題限定」のメモ書き程度に・・・ ※面倒くさいので、計算過程はブログ記載省略します。 (前置き) この問題は事業(製品)撤退の是非を問う問題(平成23年事例4の…

経営分析

俺速報 ※試験中に書いたという意味ではなく、今になって「冷静に考えると」という意味 有形固定資産回転率 これは悪い方の鉄板。店舗の改装、出店戦略の見直しを行ってるし、間違いない。 売上総利益率(または売上原価率) いい方の鉄板。背景はセントラル…

寝言

事例4の第2問、第3問だが、 (第2問) H26投資時のH27CF 5,000千円 H27投資時のH27CF -11,755千円 それぞれのNPV H26投資時 6,6003,904>H27投資時 5,682.752,986.75 ∴H26に投資すべし ※ H28以降の年間CFを5,000から4,200に訂正して再計算しました。 追記:…

自己評価(ショートバージョン)

昨日は合格への手応えのなさからあまり元気が出ず、匿名掲示板の書き込み等もそれほど熱心に見たわけではないが、今のところの感触としては以下の通りである。 事例1:Aとれたんじゃない?(昨年A) テーマは一言でいうと「技術経営」ということか。製造業は…

痛恨><

二次試験を受けられた皆様おつかれさまでした。 個人的には二回目の二次試験となり、「今回こそは決めてやる」との意気込みで臨んだのですが、事例2で大失点につながるミスを犯してしまい、しかもそのことに昼休み中に気づいてしまったことによる動揺もあり…

誰も寝てはならぬ

明日の試験に備えて、この動画を見て気分を盛り上げてます。 もう8年も前のことなんですが何度見ても感動が止まりません。 三回転‐三回転を三回転‐二回転に変えた冷静さと、加点要素としては有効性が高くないイナバウアーへのこだわり・・・といったあたり、…

試験が終わったら・・・

楽しげな話しでもするのかと思わせておいて、模範解答発表関連の情報です(笑) まず、当日中の模範解答公表まではさすがに間に合わないと思いますが、試験終了50分後にはLECで分析会が行われます(昨年は頑張って参加しました)。 2014年2次試験問題徹底分…

過去問終了

今日の朝方に、最後の初見過去問となったH19事例3を解き終えた。 印刷業ということで個人的には比較的くみしやすく、戦略寄りの設問が多かったため、事例3にしては書けたほうだが、タイムマネジメントには少し不安が残る結果となった。 ここ数年の傾向からす…

少し早いですが・・・

ブログをいつもorたまに見ていただいている方、ありがとうございます。 試験が3日後に迫りました。 たぶん落ち着かなくて当日までにあと何回も更新するのではないかと思いますが(笑)、ここでいったん、日頃の訪問のお礼を申し上げるとともに、同じ受験生の…

事例2も完走

H19年事例2を解き終わり、これで残す初見過去問はH19事例3のみとなった。 事例2は比較的得意だと思っていたが、この年の問題はなかなか難しく、試験直前期だというのに時間配分の誤りまで犯してしまう始末。でも、本番を前によい教訓になった。簡単な(はず…

列挙型の復活はあるのか?

H18事例2が答えにくかった最大の原因は、30字の解答欄13ヶ所(その他、60字1ヶ所、100字1ヶ所の計550字)という異例の設問要求(字数設定)である。解答欄を見たときも少々ギョッとしたが、総字数としては少ないため高をくくっていたところ、実際取り組んで…

H18も制覇

この期に及んで初見の過去問に手を出すのはどうか?という思いもありながら、 完全制覇が手に届くところに来ると何だか落ち着かず、とうとう平成18年事例2&3も片づけてしまった。 解いている環境のせいもあるが、かなり雑な解答となってしまった(A評価はま…

事例1完走

「完走」という表現がよいのかどうか分からないが、事例1の過去問13年分を(今さらではあるが)全部解き終わった。事例2と事例3はあと2年分ずつ残ってるが、この際だからやってしまおう(笑) ろくに準備もせず、やたら冗長な文体で解答していた昨年「A」評…

セルフ模試

昨日は、初見の事例(平成17年事例1~3、『企業診断』2014年9月号事例4)を使ってセルフ模試を行った(事例4は初見の過去問がないため、やむを得ずの措置)。 解いている時点で、午後二科目については集中力が欠けてしまっていることが自覚でき、事例4が良問…

記述字数

二次試験における記述字数は、はっきりとした理由はわからないが、減少傾向にあるのは間違いないだろう。 現行制度になって当初3年間(H13~15)は、事例1で800字とか、事例3で900字とかの記述を求める出題があり、最近とはだいぶ様相が異なる。 もし再度こ…

府中会場(東京外国語大学)はこんな感じ(長文注意)

このブログを見ていただいている方に、今年の二次試験会場の一つ「東京外国語大学」について情報提供します。参考にしていただければ幸いです。 ●アクセス~多磨駅まで~ 最寄駅は西武多摩川線多磨駅と、かなりマイナーです。受験票には京王線飛田給駅も出て…

ホームゲームアドバンテージ

二次試験の受験票が到着し、予想通り東京外国語大学が決戦の地となった。 自宅から30分足らず、今年の一次試験(保険受験)で経験済みのホームグラウンドと言ってよいだろう。是非ここで合格を決めたい(最後に口述試験があるけど)。 昨年までは使われてい…

細かすぎて伝わらない制約条件

どこかで聞いたようなタイトルだが、大マジメな話しである。 当ブログでは、「事例2はH24から出題者が変わった」説を唱えている(TBCの受け売り)わけだが、その根拠の一つとして今日は標題の件(与件文・設問文への制約条件の埋め込み方)について見てみた…

風邪気味

昨日の午後くらいから何か体調がいや~な感じになってきたと思ったら、 案の定、風邪をひいたようだ。ここ数年ほとんどひいてなかったのに・・・ さすがに10日以上ひきずることはないだろうから、 今のうちにひいておいてよかったと思いたいところだが、 体…

経営分析チラ裏メソッド適用実験(平成15年事例4)

もう本試験まで3週間を切っているのに絶賛開発中(笑)の「経営分析チラ裏メソッド」を、過去の本試験に適用してみたい。 経営分析チラ裏メソッド(開発中) - チラシの裏 経営分析チラ裏メソッド(開発中) - チラシの裏 もっとも、H13は「利益率」「回転率…

平成25年事例2第3問の出典

先日、事例2の出題者が平成24年より変更になっている可能性が高いという記事を書いた。 <a href="http://chira-ura.hatenablog.com/entry/2014/09/29/140050" data-mce-href="http://chira-ura.hatenablog.com/entry/2014/09/29/140050"&…

マンパワー模試は可もなく不可もなく

昨日帰宅したら、9月7日(日)に受験したマンパワー模試が返却されていた。結果は以下の通り。 事例1:53点(10位/54人、平均点43.1点) 事例2:53点(35位/54人、平均点64.4点) 事例3:41点(40位/53人、平均点48.8点) 事例4:56点(6位/52人、平均点…

事例4の出題者

先日、事例2の出題者がH24から変わったのでは?という記事を書いた。 <a href="http://chira-ura.hatenablog.com/entry/2014/09/29/140050" data-mce-href="http://chira-ura.hatenablog.com/entry/2014/09/29/140050">事例2の出題者 - チラシの裏<…

経営分析チラ裏メソッド(開発中)

定番のようでいて、ここのところ微妙に(いや大胆に?)出題形式を変えてきている「経営分析」について、メソッド(のようなもの)を用意しておきたいと思っている。 変化球が続いていることもあり、なるべく柔軟に運用できるメソッドにしたいと思っているの…

事例2の出題者

あまり話題にならない?のだが、TBCの過去問解説動画を見る限り、TBCでは事例2はH24から出題者が変わったと分析しているようだ。 一般には、事例2はずっと岩崎邦彦先生が出題を担当していると噂されており、同氏の著書は診断士試験対策本コーナーに置かれて…

TBC模試

週末にTBC模試が返却された。結果は以下の通り。 事例1:49点(74位/308人、平均点43.2点) 事例2:63点(40位/308人、平均点50.3点) 事例3:45点(152位/308人、平均点44.2点) 事例4:83点(5位/308人、平均点44.1点) 合計:240点(16位/308人、平…